【エコ】重曹とセスキ炭酸ソーダ

石鹸のような界面活性作用は無いけれど、アルカリ性溶液は油やたんぱく質を溶かします。
学校で、指先がぬるぬるになる実験をしましたよね。それでアルカリ性のものでも汚れを落とすことができます。
自然の中にあるものだし、食器が近くにあっても気を使わなくて良いので掃除が楽です。
私は重曹とセスキ炭酸ソーダを使います。

重曹
 穏やかなアルカリ性と研磨作用(ただしプラスチックより弱い)を持ちます。
 乾くと粉が出てきてしまうので、私は洗い流すときに使っています。
 ・食器を洗うときにクレンザーとして石鹸を補う。茶渋も落ちます。
 ・鍋が焦げ付いたとき、水と重曹をいれてしばらく煮立たせ、その後1日ほど放置すると焦げが取れる。
 ・消臭剤として、コップに入れて冷蔵庫と靴箱のすみに置く。
  一人暮らしなので匂いがあるほど食べ物も靴も無いので、これはちょっと効果がわからないんですよね。精油を垂らして、良いにおいだなーとは思っています。
 ・排水溝に入れて、酢を注ぐ。泡が出るのを30分ほど放置して水で流す。
  消臭剤として使って、もう取り替えようかな、と思ったものを使っています。

セスキ炭酸ソーダ
 重曹よりアルカリ強め、水に溶けやすいです。肌が弱い人は重曹の方がいいかな。
 同じ使用方法が出来ますが、重曹だと量がたくさんいるんですよね。
 重曹と炭酸塩を混ぜて水に溶けやすくしたものらしいです。
 重曹も炭酸塩も、膨らし粉やこんにゃく作りに使う、食品なんですね。ただ、食用として売られていない場合は食べません。衛生的に、食品ほど気を使っていないので。
 ・住居用、食器用の油汚れ洗剤として
  水200mlぐらい(かな、以前洗剤が入っていた、小さめのスプレー容器)にセスキ大匙1杯を溶かしたものを使用しています。私はアルコールに溶かした精油も入れます。
  ガスレンジまわり、換気扇まわりにスプレーしてふき取ります。
  食器の油汚れが強いかな、というときに、スプレーして普通に洗います。
 ・布ナプキンを水が赤くならなくなるほど洗ったあと、セスキを入れた水につけておきます。
  半日から1日後に水ですすぐと、キレイに落ちます。
 ・洗濯に石鹸のかわりに使用します。1回に大匙3倍くらい。
  石鹸と交互になるようにしています。石鹸カスが出ないし、水に溶けやすいので洗濯物と一緒にいれて、冷水でOKなので楽です。
 ・入浴剤として、1回に大匙1杯浴槽に入れています。肌がつるつるになります。
  精油を入れるときは、セスキに垂らしてからお湯に入れると、水面に浮かびません。

炭酸塩も使ってみたいと思いつつ、まだ使ったことがないんですね。
炭酸塩はアルカリ性が更に強いため、量は少なめで良く、お得なんです。
それは使ってみたらまた、ということで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 重曹に酢で!

    Excerpt: 「【エコ】重曹とセスキ炭酸ソーダ」について 今日、早速排水溝にかけてみました。シュワシュワと泡立ちますね! Weblog: Rainy’s Road@WebryBlog racked: 2004-06-26 00:53