テーマ:石鹸

【石鹸】蛇口の掃除に酢

我が家の水道水は硬度が100近くあります。 それだけに、蛇口がすぐ真っ白になります。掃除してないことも事実ですけど。。。 大掃除なので、この蛇口の掃除を酢でしました。 蛇口につく白いものの正体は、水の硬度の正体でもあるカルシウムです。 だから酢で溶けます。 酢をスプレーして1時間ほど置き、重曹をかけて乾いたアクリルタワシで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【石鹸】髪にAUBREY GPBヘアコンディショナーがお勧め

石鹸シャンプーは冬になると静電気や乾燥が気になります。 私はそんなときに、AUBREY GPBヘアコンディショナーを使ってます。 いつもはミツカン酢でリンスしますが、乾燥してくると静電気がすごいです。いつも逆立っちゃう。 また、ばさばさになるし、もーう、大変な状態に。 そんなときにこれを使うと、一気にしっとり柔らかな髪の毛に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【石鹸】アクリルタワシを編みました

石鹸を使わない洗い物に使うアクリルタワシを編みました。 私としては、小ぶりなものが使いやすいと思ってます。 手を置くとちょうど同じくらいの大きさです。 最初は編み棒でもっと大きなものを作っていたんですが、乾きにくいし邪魔なんですね。 だから小さくして引っ掛ける紐もつけてます。 アクリルタワシは細かいギザギザの表面が汚…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【石鹸】アルカリ洗濯には炭酸塩よりセスキだった

炭酸塩、使い終わりました。 でも、セスキに戻るつもり。やっぱり、使いやすさはセスキが勝るかな。 アルカリ洗濯をするのは、石鹸でさえ与える環境の負荷を低くするため。 。。。でもあるし、残留してしまってるかもしれない服や洗濯槽の石鹸カスを落とすためでもあるし、20度のお湯を用意する手間を省くためでもあります。 セスキ炭酸ソー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【石鹸】酸素系漂白剤の熱湯つけ置き

過炭酸ナトリウムの酸素系漂白剤が働く温度には50度必要だとか。 高温でのつけおきをしてみました。 白いシャツが黄ばんで、というか、茶ばんでしまったので、漂白することにしました。 ついでに布ナプも。 煮ながらつけるのが強力らしいのですが、布が傷みそうだし、そんなに大きな鍋もない。 そこで、バケツに高温のお湯を入れてつけ置…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【石鹸】石鹸だけではエコでは無い

LCA(ライフサイクルアセスメント)という環境負荷の測り方がある。 石鹸と合成洗剤の環境に与える影響は、どちらが多いとは言えない。 ライフサイクルアセスメントとは、製品が作られ、売られ、使われる一生の間に環境に与える影響を見る考え方。ピンポイントを見て、環境に与える影響が大きい小さいというのはおかしいわけで、トータルして考える必…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

【石鹸】リン酢、ラベンダーを漬けました

「お酢リンス→「リン酢」!」の素敵な色に憧れて作りました。 お酢にラベンダーを漬け込むこと1週間、やっとできました。 普通の食用酢に、乾燥ラベンダー(ポプリ用。無印で買ってきました)をつけました。 1週間置いて、茶こしでこしました。 色がとっても素敵です。(写真ではそう見えませんが。。) 酢の香りの中に、ほんのりラベ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

【石鹸】セスキ炭酸ソーダってこれです

商品名はアルカリウオッシュ。ビッターズって、お店もあるとは知りませんでした。 写真をクリックするとお店に飛べて、詳しい説明も見られます。 セスキ炭酸ソーダは重曹と炭酸塩の中間のアルカリ性を持っていて、水に溶けやすいです。 以前セスキの話を「【エコ】重曹とセスキ炭酸ソーダ」で書きましたが、ここでも買えたんだ。びっくり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【石鹸】マスクが黄ばんでた

 こんな季節外れに花粉が飛んでいますね。春使っていたマスクを取り出したところ、黄ばんでいました。うまく洗えなかったせい。  マスクはランジェリーネットにいれて洗濯機で洗っているんですね。 ネットの中なので、石鹸カスがすすぎで振り落とされなくて、残ったみたい。 下着の方は回転が速いので、黄ばむ時間が無いんですね。きっと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【石鹸】リン酢の入れ物に良いかと思ったもの

マウスウオッシュの容器がぴったりって思いました。 中身は酢です。手桶に、軽くキャップ1杯の酢を入れて使います。 以前は良品計画の手で押すポンプの詰め替え容器を使っていたんですが、結構すぐに壊れてしまいました。 私は歯を磨くのに歯磨き粉を使わないくらなので、マウスウオッシュも使わないんですが、もう酢にぴったり、と思っただけで買…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【石鹸】石鹸を最後まで使うには

 私は洗顔洗髪食器洗いは固形石鹸派です。小さくなったらちょっと使いにくいですね。 こんなふうに工夫しています。 1.合体させる  大きな石鹸と合体させます。柔らかめの石鹸だとうまくいきます。 2.ネットに入れる  キッチンで使う、ケイ酸塩入りのものは、硬くて合体しません。  そういうものは、ニンニクの入っていたネットに…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

【エコ】酢、食べる以外に何に使える?

 食べておいしい酢だけれど、リンスなど食べる以外の使い道もたくさん。 そんな使い道をまとめてみました。 蛇口などの水垢落とし  蛇口などが白くなってしまったら、酢で落とせます。  ティッシュでパックすると効果的ですが、酢を塗って一時間ほど置いてもきれいになります。 排水溝の掃除  重曹を入れたあと、酢をかけて泡が立っ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

【エコ】精油の利用

 私は花粉症になってから、化粧品の匂いでも鼻がむずむずするようになっちゃいました。 でも、匂い大好きなので、精油をいろんなところに使ってます。 良い香りだけでなく、殺菌効果も得られる精油、良いですね。 普段香りはしないけど、ふとした時に香ります。 髪にスプレー  化粧水も同じです。アルコール(5mくらい)に精油を2、3滴。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【石鹸】石鹸シャンプーのこつ

シャンプーを石鹸に切り替えると出る、キシミやフケ。 私の場合はこんなふうに解消しました。 1.よく泡立てる  固形石鹸を頭になでるようにして、もこもこの泡を作ります。   その泡で全身洗えるくらいです。 2.よくすすぐ  シャンプーもリンスも、よーくすすいでます。  洗う前にもよーくすすぎます。これは汚れを落とすと…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

【エコ】かちかちクレンザーで鍋のこげ落とし

石鹸派なら、石鹸を成分とするクレンザーって持ってたりしますよね。 あれは、乾燥するとカチカチになってしまうんです。もちろん水で元に戻ります。 あるとき、そのカチカチをスポンジでこするようにして、フライパンを洗いました。 じっくり焼く料理や揚げ物をすると、鍋のふちなんかが黒く焼きついちゃうような焦げ付きができます。 これがするっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【石鹸】洗濯そうのカビと部屋干しの匂い

なんだか湿気の多い日が続きますね。 私は、雨の日も洗濯物を部屋に干しますが、冬は寒いし、春から夏は花粉症だし、秋は風が強いし、お風呂上がって残り湯で洗濯するので、夜洗濯することが多いですしで、なんだかんだ部屋干しが多いです。 で、部屋干しの匂いって、気になるんですよね。 でも、石鹸で洗濯しはじめてから、その匂いと無縁になりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【エコ】重曹とセスキ炭酸ソーダ

石鹸のような界面活性作用は無いけれど、アルカリ性溶液は油やたんぱく質を溶かします。 学校で、指先がぬるぬるになる実験をしましたよね。それでアルカリ性のものでも汚れを落とすことができます。 自然の中にあるものだし、食器が近くにあっても気を使わなくて良いので掃除が楽です。 私は重曹とセスキ炭酸ソーダを使います。 重曹  穏やか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「手作りの石鹸・化粧水」について

「手作りの石鹸・化粧水」について こんばんは! 販売すると薬事法違反になるのですが、レシピの公開は、なんだか微妙みたいです。 Webの場合、販売はしないんですが、「お友達と情報交換する」という状態と同じなのかどうか。 販売しなければOKと書いてあるところもあります。 ということなので、「薬事法違反」とはっきり書いているのはマチガ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【石鹸】石鹸を使おう

石鹸は、水と混ざるとすぐに界面活性効果を失い、分解します。 だからエコロジーなんですね。 それだけじゃなくて、油汚れに強いのは驚き。どんどん使いましょう。 粉、固形、液体とあるけれど、私は固形がおすすめ。あわ立ちがいいから。 さて、簡単なコツを。 洗濯  20度以下の水で溶けない石鹸が多くあります。  冬はお風…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more