【料理】鶏のワインソテー

ワイン入りの照り焼きです。
名前はワインソース。しかして照り焼き風味。ご飯に合いつつ、香り高いというものです。画像


  1. 鶏肉に塩コショウする。

  2. 皮から焼く

  3. 油が出てきたらふき取り、にんじんと大根を入れ、塩コショウする

  4. 焼けたら、みりん小さじ1、醤油小さじ1にワイン好きなだけを合わせてお肉にからめる

  5. ソースが煮詰まったら出来上がり(すぐ煮詰まります)



コショウは入れないつもりだったのに、ついクセで振ってしまった。。。
鶏肉の厚めの部分や皮には包丁で切れ目を入れとくと、早く焼ける気がします。気だけかも。
最初に油が一杯出てきたときに、ふき取りました。それでも出てくる分は、焼く油として使いますけれど。
せめてものカロリーカットです。
にんじんと大根のソテーはめっちゃうまだと思います。特に大根。つけあわせをおしゃれにすると、手がかかってるように見えると思うけど、やっぱり美味しいもん。焼いた大根。

使ったワインは、ディエゴ・デ・アルマグロ・レゼルヴァ2000年。
スペインのワイン。オーク樽で24ヶ月も熟成させたのに、1000円くらいとお得です。さすがに渋みは無いけれど、このお値段でこの香りはリーズナブルです。

おや?こんなところにワインの余りが←わざとらしいー!

合わないけど、マグロの刺身を買おうとして、結局買わずに帰って来てしまいました。
もちろん、鯨の死体を日本大使館前に置いたグリンピースへの抗議のためです。
。。。。あ、マグロじゃないや、鯨か。鯨ベーコンは、ダイエット中にはちょっとな。
鯨料理はしたことが無いな。してみたい。見つけたら買おう。

エコロジーというのは、社会が持続すること。
グリンピースは人様より環境、と言って産業を否定してるけど、結局ブルジョアの趣味って感じ。
彼らと彼らの子孫と彼らの好きな野生動物は生き残るけど、貧困家庭は残らないだろう。
グリンピースから出た政治家の政党にも、投票しなかった。
弱者救済とは言うけれど、その弱者って誰のこと?どうやって救うつもり?って考えないとね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年01月19日 23:34
ワインソテェーもいいですね。
大根をこのように使ったことってありませんが、美味しいんですね。是非私も作ってみます。
ちなみに、今夜の我家の夕食、豆腐のみそグラタンでしたよ!
2006年01月20日 10:24
始めまして、「如月メイさん」の所からきました。
ヒグマです。
Aisyaさんのブログ、よだれが止まらない。めちゃくちゃ美味しそうじゃないですか。
また見に来ます。今後もよろしくです。
2006年01月20日 20:04
プリプリさん、こんばんは。
私も味噌グラタンにしようっかな。またまた豆腐を活躍させないといけない体になりました。。。
焼き大根、美味しいです。ぜひ!

ヒグマさん、こんばんは。
これは、照り焼き好きならオッケーだと思います。
ワインソース、と言ったら高級そうに見えるじゃないですか。たぶん!
ワインと醤油はいけるとにらんでます。
たまに、ヘンなものも出来てしまいますが、出来の良さそうなものがあれば作ってみてください。

この記事へのトラックバック