【石鹸】アルカリ洗濯には炭酸塩よりセスキだった

炭酸塩、使い終わりました。
でも、セスキに戻るつもり。やっぱり、使いやすさはセスキが勝るかな。

アルカリ洗濯をするのは、石鹸でさえ与える環境の負荷を低くするため。
。。。でもあるし、残留してしまってるかもしれない服や洗濯槽の石鹸カスを落とすためでもあるし、20度のお湯を用意する手間を省くためでもあります。

セスキ炭酸ソーダ(商品名 アルカリウォッシュ)の良いところはその溶けっぷり。
炭酸塩の良いところはそのアルカリの高さと、それに伴う使用量の少なさ、つまり安さ。

だったんだけど、どうも炭酸塩は良さを発揮できませんでした。
溶け残っちゃって、失敗することが。。。
暖かくなってからは平気でしたけど、暖かくなったら石鹸だって水でいいもんねぇ。。。
ということで、やっぱりセスキの方がいい感じでした。。

このブログには検索から来ていただく人が多いみたいです。
検索エンジンも、開発競争が進んでて、そのうち打った言葉からいろいろ推測して検索してくれるようになるかも。
私は「教えて君」という言葉があまり好きではありません。
検索するところに気がつかなかったり、検索語に質問文を全文打ってしまうような人たちを切り捨てる嫌な言葉です。
とはいえ、めちゃめちゃ性悪説な私としては、人々よ善意を持て、なんて期待は持ちません。
そういうところこそ、テクノロジーが解決する問題よね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック