【歯】インプラントの治療が完了しました

画像
前歯の治療が終わりました。
自分のことなのに、いつどんな治療を受けたのかまるで記憶から消えてしまいます。
これではまずいと思うので。

上顎門歯
2004年4月中旬抜歯

2004年7月中旬CT
 以前CTを撮ったところと同じ大学で撮りました。
 「前とは違う場所だね」と言われました。当たり前だい。

2004年8月はじめ 骨移植、同時にインプラント埋める。
 何がきついかと言って、骨移植がきつい。
 親知らずのところから骨を抜くのと、骨を埋めるのを同時にするので、大変。
 歩く振動でちょっと痛んだりするほど。
 3日目は顎に茶色いあざができて痒くなり、4日目は黄色くなりました。

2005年2月はじめ インプラント2回目。
 前歯なので、歯茎が減ってくると気になります。
 そこで、インプラントの上の金具を大きいものにして、歯茎を後ろのほうから寄せるようにしました。
 歯茎のふちが真っ白で、ゴミでもついてるの?という感じでしたが、2日後にお肉っぽい色になりました。
 歯茎のふちの不ぞろいな感じは4日後に落ち着きました。でもラインがきれいになるには1ヶ月近くかかりました。
 これ以降歯茎がどうなるのか、減ってしまうのかと、内心恐怖でした。

2005年4月末 歯冠をかぶせる。
 色が不透明な白だし、形もイマイチだったので、作り直すことにしました。
 インプラントの歯だけ、長い。すごくがっかりしました。
 下の金具の色がでるので、あまり透明にはならないとのこと。
 前の歯は金具は金だったし、小さいんですよね。
 でも、もう少し透明にできるようになるまで、待つことにしました。

2005年7月はじめ 歯冠をかぶせる。
 今度はオールセラミックで小さめに歯を作りました。
 前歯2本同じ大きさでほっとしました。
 透明度はやや前より劣るものの、歯の先端がガラスのように透き通っています。
 歯が透き通ってるのって珍しいでしょ?自慢だったんです。
 だから満足。
 私の歯の写真が、いつか先生のWebサイトを飾るかも。

インプラントは骨に直接くっついてるせいか、感覚が少し鈍いです。
歯1本で物を食べたりしないので、普段は全くわかりませんが、何かの拍子に1本の歯に物が当たると違いがわかります。

前回インプラントにしたとき、仕事に失敗して、同時にITバブルがはじけて成果主義が導入され給料も減って、もしやこの先解雇とかあり?お金も無しで?と恐怖しました。
更に同時に一人で暮らすことにもなったし。
それで悲壮な覚悟で家計簿をつけ、食べ物はことごとく手作りし、皮まで食べられるか、と思って有機野菜を知り、洗剤を節約できるか、と石鹸生活を始めました。

今は必要とされてることがわかり、そうそうクビにはならないとわかり、料理も石鹸もエコも趣味になりました。
じゃ、過去はそれで良かったかというと、全く良いとは思えません。
もうこりごり。
備えあれば憂いなし、でこれからも備えます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

さかあがり
2005年07月19日 20:06
インプラントに興味があったので、参考になりました。
やはりたいへんなんですね。施術後のお手入れも大変とききましたが
どんな感じですか?
2005年07月19日 20:16
こんばんは。お手入れは普通の歯と一緒ですよ。
歯間に入れば歯間ブラシ、入らなければフロスを使ってます。フロスはたまに。
写真の液体は、歯垢を染め出すもので、たまに磨いた後に磨き残しが無いかチェックしています。
手術は大変だけれど、その後の手入れは入れ歯やブリッジに比べると簡単かも。
歯医者さんには半年に1ぺんくらいづつ、チェックしに行きます。
チェックしに行くと歯を電動消しゴムのようなもので磨いてもらえるし、結構いいです。
moon-child
2005年07月25日 13:25
お疲れ様でした。
いっぱい、いっぱい努力なさっているのが、文章から「ひしひし」伝わってきます。
日々の頑張りは、報われるものなのですね。

これからも、歯のお手入れなど、いろいろご伝授下さいませ。
2005年07月25日 19:40
こんばんは。長い治療期間に耐えるのが一番大変だったことですかねぇ。
終わってうれしいです。

この記事へのトラックバック